総合防犯設備士による防犯対策・セキュリティの専門情報サイト

メニュー
アルファセキュリティ株式会社・防犯対策研究所

日本人が海外で誘拐から身を守る防犯対策とは

2015年2月15日 カテゴリー:日本人 誘拐

ようこそ「防犯対策.com」へ!
セキュリティエキスパート「総合防犯設備士」の
新井富美男です。

ご無沙汰いたしました。
寒い日々が続きますが、お元気でお過ごしですか?

私は先週、地元前橋市のシングルス大会で
奇跡の快進撃(笑)、4回戦に進出しました 😀
健康管理、ストレス解消のため、寒さに負けず
体を動かすことは大事ですね。

4f5cf834fb856ba1fd9b86ae6d8e624b_s

ISIL(イスラム国)など日本を狙う誘拐テロ

ISIL(イスラム国)による湯川さん、後藤さんの
誘拐・殺害テロと日本人に対するテロ予告には
日本国中が戦慄しました。

そこで今回はあなたとご家族、お知り合いの
安全・安心・快適な海外旅行や海外赴任の
一助とすべく、日本人が海外で誘拐から身を守る
防犯対策をわかりやすくお伝えします。

日本人を狙う誘拐テロとは

「テロ」とはセキュリティリスクの一つで、
その目的は政治的・社会的な願望達成や宗教的、
民族的な革命、民族主導権の確立などが主と
されています。

その形態には誘拐、恐喝、人質、暗殺、爆破、
ハイジャック、サイバーテロなどがあります。

平成25年度外務省統計によるとグローバル化の
波にも乗り、日本人海外旅行者数は1,747万人、
在留邦人数は125万人と急増しています。

海外では日本人は一般的に裕福と判断されて
日本の治安の良さから海外でも無警戒な方も多く
テロリスト・犯罪者のターゲットなりやすい傾向が
あり、日本人を狙った誘拐事件は増加しています。

海外では国、地域により政情、治安、警察の信頼性
など多種多様で、「自分の身は自分で守る」という
セキュリティ意識が大前提になります。

「セキュリティ意識」についてはこちら
 ➡ 【セキュリティとは:あなたを守る新基準!】

渡航制限

外務省邦人テロ対策室による「基本的心構え」

外務省より海外旅行や海外赴任する日本人向けに
誘拐などのテロ・犯罪に巻き込まれないための
基本的な心構えが発表されています。

1. 自分と家族の安全は、自分自身で守る。
2. 予防が最良の危機管理。
予防こそが最高かつ最重要の危機管理であることを肝に命じましょう。
予防のために必要な努力と経費は、惜しんではいけません。
3.悲観的に準備し、楽天的に行動する
「備えあれば憂いなし」です。
4.安全のための三原則の厳守。
「目立たない」「行動を予知されない」「用心を怠らない」
5. 住宅の安全確保 住宅は生活の基盤です。
その安全を確保することは、安全対策の中でも最 優先事項です。
6.現地社会に溶け込む。
いざという時に助けが得られ、自然と情報も入ってきます。
7.精神衛生と健康管理の留意。
環境、習慣等の違いから長期の緊張を余儀なくされる場合が多いので、
精神面、肉体面の自己管理が重要です。


日本人が海外で誘拐から身を守る防犯対策

それでは「基本的心構え」を守りつつ、具体的に
日本人が海外で誘拐から身を守るにはどのような
防犯対策をとればよいかお伝えします。

まずは人任せにしないでご自分で出来る範囲で
事前の予防策をとった上で、信頼できる旅行社や
不動産業者等に相談・依頼するのが良いでしょう。

check 滞在先の宗教・文化・生活習慣などに敬意を
払い「目立たない行動」が重要です。 

公共の場での過剰に華美な服装、装飾品や現地人への
誹謗中傷など目立つ言動は日本人の誘拐をたくらむ
テロリスト・犯罪者に狙われるリスクが激増します。

check 渡航前に滞在先の政情、治安、警察の信頼性
等を詳細調べる。

「外務省海外安全ホームページ」が日本人への
最新テロ情報などが掲載されていてお奨めです。
「渡航情報」「危険情報」は必ずチェックしましょう!

check 滞在先のホテル・住宅付近や観光地・通勤経路
等の
行動予定範囲の治安などを入念に調べ、事前に
リスクコントロールする。

check 滞在先のホテル・住宅のガードマン配備など
テロ・犯罪へのセキュリティレベルや防犯設備を
調べ、必要ならば対策をとる。

check 日本人を狙った誘拐などのテロのリスクが
非常に高いのが車両の乗降りや移動中です。

運転手、タクシー、ガイドなどの依頼は信頼できる
紹介者・旅行社・ホテルなどを経由してしましょう。
有能なジャーナリストであった後藤さんも
現地ガイドに裏切られた可能性が濃厚です。

check 長期滞在で通勤・通学などする場合は不定期で
ルートを変更して、誘拐をたくらむテロリストに
行動を読まれないことが重要です。

check ホテルや住居のメイドのなどの信用度の確認や
個人情報の秘匿にも留意する。

使用人が共犯者として内部から手引きして日本人が
誘拐される事件も発生しています。

check 戸建て住宅に長期滞在する場合は万が一の
誘拐犯・
強盗の侵入に備えて欧米の様に寝室など
「パニックルーム」に改造する事も有効です。

「パニックルーム」についてはこちら
 ➡ 【一戸建て、空き巣も逃げる防犯対策とは?】

check 誘拐の兆候を見逃さないこと!

日本人を狙った誘拐も極めて計画的なグループに
よる犯行です。

テロリストグループ等にとって利用価値や裕福と
思われる複数の日本人に誘拐の狙いを定め、
尾行や監視等で行動パターン、防犯意識などを
入念に調査し、一番価値があり防御体制の弱い者が
最終ターゲットとなります。

バイクなどによる尾行、住居付近の不審車両、無言
電話、使用人の不審な行動などがその兆候である
場合もあります。

check 日本国大使館や現地警察への相談。

何らかの兆候があった時点で自分や企業で出来る
範囲でセキュリティレベルを上げ、大使館や警察に
早急に相談しましょう。

必要に応じて警備員の雇用やホテル・住居の変更、
国外への退避も考えましょう。

以上、【日本人が海外で誘拐から身を守る防犯
対策】についてお伝えしました。
あなたの安全・安心・快適な生活を守る防犯対策の
一助となれば幸いです。

8c55ad87d79608ddea670c4d9e9577db_s

手軽で効果的!防犯対策マニュアルプレゼント

あなたとご家族が犯罪に巻き込まれないためには
日頃の防犯対策が重要です。

今なら手軽に身の回りの防犯チェックと防犯対策が
出来る無料防犯マニュアル【一人暮らし女性が
あまりお金をかけずに簡単に防犯対策する方法】を
PDFファイルでプレゼント中です!

この機会をお見逃しなく。
⇩⇩⇩
防犯マニュアル

まとめ
【日本人が海外で誘拐から身を守る防犯対策】

*ISIL(イスラム国)など日本を狙う誘拐テロ多発
*日本人を狙う誘拐テロとは:
日本人は一般的に裕福と判断されて海外でも無警戒
な方も多くテロリストのターゲットとなりやすい。
*外務省邦人テロ対策室の基本的心構え
*日本人が海外で誘拐から身を守る防犯対策:
事前に滞在先の治安情報収集や宗教・文化に敬意を
払った目立たない行動や・・・

長くなりましたので本日はここまでとします。
最後までお読みいただきありがとうございます。

次回も心を込めてまして、あなたとご家族に
最適な防犯対策ノウハウを発信してゆきますので
よろしくお願いします。

「防犯対策.com」
アルファセキュリティ株式会社
代表取締役 新井富美男

アルファセキュリティ対応エリア:
関東・群馬・前橋・高崎・伊勢崎・東京・埼玉
栃木・日本全国を防犯設備協会でネットワーク

タグ:, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

カテゴリー

その他ご要望に応じて対応いたします。
住まいのお悩みを何でもご相談ください。
お問い合わせ・お見積もり