総合防犯設備士による防犯対策・セキュリティの専門情報サイト

メニュー
アルファセキュリティ株式会社・防犯対策研究所

ドローンで防犯対策!ブラックVSホワイト?

2016年2月17日 カテゴリー:ドローン 防犯

ようこそ「防犯対策.com」へ!
群馬でただ一人、セキュリティエキスパート
「総合防犯設備士」新井富美男です。

昨年2015年はドローン元年と呼ばれています。
ホワイトハウス、日本の首相官邸への侵入事件での
悪用や米軍による中東でのイスラム国テロリスト
爆殺ミッションでの活用など効果的で身近な
ハイテク無人飛行機として有名となりました。

映画「ドローン・オブ・ウォー」もハイテク戦争
における人間性喪失の恐怖をリアルに描き
とても怖かったですね 😯

本年2016年はドローンは功罪相半ばする
諸刃の剣として私たちの生活圏に否応なく
「侵入」してくる年になると思います。

そこで今回はドローンの現状・規制と
ドローンの防犯・防災などへの活用について
日本でのドローンの防犯活用の最先端を行く
ALSOKの研修会などをもとに分かりやすく
お伝えします。

ドローンで防犯対策:ドローンの現状

これから社会に普及して行く思われる主流の
ドローンは4〜8枚のプロペラを持つ電動マルチ
ローターヘリコプター型飛行ロボットです。

2010年頃からカメラ搭載の空撮用に登場し
手動型又はコンピュータプログラミングによる
完全自律型ドローンがあります。

首相官邸や姫路城侵入で一躍「有名」になったのは
DJI(中国)のPhantomⅡです。

後継機のPhantomⅢはカメラ搭載済みで約7万円程
amazonなどネットで簡単に入手できます。
カスタマーレビューなど見ると日本社会での
空撮から配送まで活用度、普及度の高さが
うかがえます。

モラルや航空法などルールを守って安全に
利用したいものですね。

ドローンで防犯対策:ドローンの規制

様々な事件・事故を受けて2015年12月に
改正航空法が施行されて無人航空機として
飛行ルールが定められました。

下記の規定に違反すると50万円以下の罰金刑が
課せられるおそれもあるので改正航空法を
遵守しましょう。

1.無人飛行機の飛行で許可が必要な領域
2.無人飛行機の飛行方法
3.その他

国土交通省「無人航空機の飛行の許可が必要となる空域について」

国土交通省「無人航空機の飛行の許可が必要となる空域について」

詳しくは国土交通省HP
「航空機(ドローン・ラジコン機等)の飛行ルール」

をご覧下さい。

ドローンで防犯対策:防犯・防災などへの活用

諸刃の剣「ドローン」を防犯・防災など
社会のために有効活用するシステムについて
考えてみましょう。

191870

1.ドローンの防犯活用:大規模施設警備

敷地面積が広大なスタジアム、商業施設などでは
警察、警備員などによる人海戦術では大きな負担と
なり、効率性や持続性の問題があります。

2020年東京オリンピックも控えてイスラム国
テロリストや不審者の早期発見や迷子捜索など
ドローンは防犯対策に大活躍するでしょう。

不審行動や顔認証機能のある地上固定のハイテク
防犯カメラと自律巡回するドローン搭載の
防犯カメラの連携で三次元で早期に不審者を
発見して犯罪を阻止することが可能となります。

ハイテク防犯カメラについてはこちらを
【防犯カメラの種類、ハイテクカメラで犯罪抑止!】

2.ドローンの防災活用:山林見回り、橋梁点検

山あり谷ありの広大な山林や大規模な橋梁・ダム
などの施設の鳥獣被害、山火事、構造劣化などの
見回り、点検にもドローンが有効です。

メガソーラ発電所のソーラパネルの定期点検や
広大な農地の農薬散布にも活用可能です。

3.ドローンの防犯活用:侵入ドローン対策

「目には目を」「ドローンにはドローンを」 😀
空から侵入する悪のブラック・ドローンの脅威を
早期発見し排除するには正義のホワイト・ドローン
の出番です。

ALSOKの最先端システムを先行紹介しましょう。

1.侵入ドローンの検知・追尾

高額なレーダー警戒システムから防犯カメラ検知、
ラジコン操作電波検知、低コストの音響センサー
システムまで様々なドローン防犯対策の
検知システムがあります。

現状ではドローン特有の音源を感知後に防犯カメラ
連動で自動追尾する沖電気のドローン探知システム
が費用対効果から有望視されています。

2.侵入ドローンの排除

改正航空法などルールを形式的に違反して侵入する
ドローンを即撃墜して強制排除することは
正当な権利として可能でしょうか?

撃墜しても正当防衛、緊急避難になりそうですが
法律上は航空法違反などの構成要件に形式的に
該当しても、高価な私有財産であるドローンが
操作ミスなどで何の侵害もなく敷地内を通り過ぎた
場合(違法性の問題)や機械の誤動作による場合
(有責性の問題)などの判断が必要となります。

そこで現在有力なドローン防犯システムは
検知した侵入ドローンを2機の迎撃型ドローンに
捕獲ネットを張ってからめとるシステムです。

まるでSF映画が現実化したドローンの空中戦ですね。

以上【ドローンで防犯対策!ブラックVSホワイト
?】についてお伝えしました。
あなたの安全・安心・快適な生活を守る防犯対策の
一助となれば幸いです。

 無料防犯相談・お見積依頼は下記バナーを
クリックしてお知らせください。

お問い合わせはこちら!

 

手軽で効果的!防犯対策マニュアルプレゼント

あなたとご家族が犯罪に巻き込まれないためには
日頃の防犯対策が重要です。

今なら手軽に身の回りの防犯チェックと防犯対策が
出来る無料防犯マニュアル【一人暮らし女性が
あまりお金をかけずに簡単に防犯対策する方法】を
PDFファイルでプレゼント中です!

この機会をお見逃しなく。

一人暮らし女性が簡単に防犯対策する方法

まとめ
【ドローンで防犯対策!ブラックVSホワイト?】

*ドローンの現状:4〜8枚のプロペラを持つ電動
マルチローターヘリコプター型飛行ロボット。
*ドローンの規制:2015年改正航空法が交付され
無人航空機として飛行ルールが規定。
*ドローンで防犯対策:諸刃の剣「ドローン」を
正義のホワイト・ドローンとして防犯・防災など
社会に有効活用するシステム紹介。

長くなりましたので本日はここまでとします。
最後までお読みいただきありがとうございます。

次回も心を込めてまして、あなたとご家族に
最適な防犯対策ノウハウを発信してゆきますので
よろしくお願いします。

「防犯対策.com」
アルファセキュリティ株式会社
代表取締役 新井富美男

アルファセキュリティ対応エリア:
関東・群馬・前橋・高崎・伊勢崎・東京・埼玉
栃木・日本全国を防犯設備協会でネットワーク

タグ:, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

カテゴリー

その他ご要望に応じて対応いたします。
住まいのお悩みを何でもご相談ください。
お問い合わせ・お見積もり