総合防犯設備士による防犯対策・セキュリティの専門情報サイト

メニュー
アルファセキュリティ株式会社・防犯対策研究所

防犯フィルムの効果的な使い方とは

2013年12月14日 カテゴリー:防犯フィルム

ようこそ「防犯対策.com」へ!
防犯アドバイザーの新井富美男です。

このところ週末は出張続きでしたので
久しぶりに早朝よりテニスに行ってきました。
スポーツでもビジネススキルでもそうですが
不用意に空白期間ができると感覚を取り戻すのが
大変ですね。

そんなわけで今日一日、テニスコーチにみっちりと
稽古をつけていただきました。
おかげさまで筋肉痛です(笑)

さて今回は前回の防犯ガラスに続きまして
防犯フィルムについてお伝えします。

防犯フィルム

防犯フィルムとは

窓の板ガラスに不透明化、飛散防止などの付加機能を
施すためのポリエステルなどでできた窓用フィルムの
一種です。

このブログでは国土交通省など公的機関の検査により
空き巣などのガラス破りに効果があると認められた
「防犯性能の高い建物部品目録」いわゆる「CPマーク」
を受けた350ミクロン厚程度(0.35ミリ)の
飛散防止フィルムのことを防犯フィルムと呼びます。

まがい物の防犯グッズが多く消費者を混乱させるため
消費者保護のため国として認定したものを
「防犯性能の高い建物部品目録」として
公開したとご理解ください。

注意したいのは「CPマーク」の防犯フィルムとして
防犯効果が認められるのは一枚のガラスに
全面貼り付けした場合です。

防犯グッズとして売られていクレセント付近に
一部貼り付けたフィルムには公的な認定は
ありませんし,
防犯効果は限定的です。

防犯フィルムの効果とは

ガラス全面に厚く貫通しにくい防犯フィルムを
貼ることにより空き巣などのガラス破りに対して
下記の効果が認められます。

1.クレセント付近のガラスをこじ破って手を入れて
開錠するのに時間がかかる。

貫通孔を開ける必要時間は
(マディコ LCL-1400の実験データ)
・フィルムなし 18秒
・防犯フィルムあり 1分51秒

2.ハンマーなどでガラス全体を打ち破って
侵入するのに大きな破壊音と時間がかかる

3.ガラス衝突による怪我などの家庭内事故を減らす。

4.透明なフィルムなので防犯用の面格子、シャッター
などのように外観を損なうことがない。

5.基本的に今あるガラスに貼り付けるだけなので
施工が短時間で済みます。

6.有害な紫外線を99%以上カットします。 

防犯フィルムの注意点

注意すべき防犯フィルム特有の短所もあります。

1.メーカーの保証期間が3〜5年程度と短い。

ポリエステルという樹脂素材の宿命ですね。
私の経験則からいうと耐久性は10年程度でしょうか。
防犯フィルムが露出していますのでガラスクリーニング
も注意が必要です。

2.焼き破りなど新手のガラス破りに弱い。

バーナーで焼かれると一撃で貫通されます。
防犯対策としてガラス障子の上下に補助錠を
付けることをお勧めします。
時間が三倍稼げますよ。

防犯フィルムの効果的な使い方

どんな防犯装置、防犯グッズでも一長一短あります。
それでは防犯フィルムはどんな使い方がよいでしょう?

まず死角、危険度の高い裏口、浴室などは
防犯効果の高い防犯面格子、防犯ガラスを使います。

公道面の見通しが良く危険度の低い大きなテラス窓
などに使うのがコストパフォーマンスからも
最適と思います。
夜間などはシャッターや雨戸を閉めて
ガラス障子の上下に補助錠をお忘れなく!

以上、防犯フィルムについてお話しました。
ご不明点、ご相談などありましたらお気軽に
メールなどでご連絡ください。

お問い合わせはこちら!

まとめ【防犯フィルムの効果的な使い方とは】

*防犯フィルムとは:
空き巣などのガラス破りに効果があると認められた
「防犯性能の高い建物部品目録」「CPマーク」
を受けた350ミクロン厚のフィルム。
*防犯フィルムの効果:
空き巣のガラス破りに対して侵入するのに大きな
破壊音と時間の抑止力・・・
*防犯フィルムの注意点:
ポリエステル樹脂素材なので耐久性は10年程度。
*防犯フィルムの効果的な使用法:
費用対効果で防犯ガラスなどとセキュリティレベル
に応じて効果的に使い分ける。

本日はここまでとします。
最後までお読みいただきありがとうございます。

アルファセキュリティ株式会社
代表取締役 新井富美男

対応エリア:
関東・群馬・前橋・高崎・伊勢崎・東京・埼玉
栃木・日本全国をネットワーク

タグ:, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

カテゴリー

その他ご要望に応じて対応いたします。
住まいのお悩みを何でもご相談ください。
お問い合わせ・お見積もり