総合防犯設備士による防犯対策・セキュリティの専門情報サイト

メニュー
アルファセキュリティ株式会社・防犯対策研究所

窃盗団宝石強盗事件

2013年10月3日 カテゴリー:強盗

ようこそ、「防犯対策.com」へ!
「防犯対策.com」企画・運営の新井富美男です。

心を込めまして一人暮らしの女性のに最適な
簡単にできる防犯対策をお話します。
今回は私のたずさわった強盗事件のお話です。

知人の宝石店を襲った窃盗団強盗事件

jwele176

これは5年ほど前に私の知人の経営する宝石店が襲われた
覆面窃盗団強盗事件のお話です。

その宝石店は高速インターに近い大型モール内で
営業しています。
規模の大きさから当然のこととしてとある有名警備会社
と大型セキュリティ契約を結でいました。

営業終了後の深夜1時ころ、誰もいない宝石店。
店内中に張り巡らされたセキュリティもしっかり稼働状態。
いつも通りの静かな夜更けのはずでした。

突如、銀行強盗映画さながらの黒覆面の窃盗団6名が
大型車両で店舗入り口に突入し、
グリルシャッターとショーウインドガラスもろとも破壊 😎

無人の店内にバールやハンマーなど凶器を手に
次々と乱入しガラスショーケースを破壊。
あらかじめ下見してあった貴金属類を濡れ手に粟のごとく
次々と略奪。

当然、センサーも発報しアラームも鳴っています。
犯行計画に基づき警備情況も下見済みのプロの強盗団
警備体制は計算済みですから
宝の山を前においそれとは逃げません。

店外の見張り役と連動しつつ
手馴れた手つきで大型宝石店内をしっかりと着実に
略奪し続けます。

店外には遠巻きに警報を聞きつけた住民の人だかりも
出来つつあります。
窃盗団侵入から15分ほど経過したでしょうか
ようやく警備会社の警備員たちが
駆けつけきました。

驚くことに店外駐車場に到着した警備員を尻目に
窃盗団は略奪に忙しくまだ逃げようとしません。

いよいよ窃盗団捕獲の始まりでしょうか?

窃盗団を現場確認した警備員はここではじめて警察に
情況を通報し、出動要請。
相手は凶器を手にした黒覆面の窃盗団です。
その間は駐車場で遠巻きに略奪を見守るだけです。

警備員たちをあざ笑うかのように略奪を終えた窃盗団は
金銀財宝を手に悠々と引き上げを開始。
突入で破損した車は放置して待機していた逃走用車両
でまんまと逃げてしまいました。

まるでコメディー映画のようです。
入れ替わるように警察のパトカーが到着しましたが
時すでに遅し。
警察官は盗難の情況を警備員に確認し、
逃走車両の緊急手配を開始。

武装した警官も強盗の逃走後では
現場の鑑識をするのが関の山でした。

大変な強奪事件ではありましたが、
宝石店の社員や警備員に負傷者が出なかったのと、
損害はある程度保険で対処できたのが不幸中の幸いでした。

外国人と思われる窃盗団はいまだつかまっていません。
一財産を手に犯行後すぐに海外逃亡したと思います。

現場にいなかった私がなぜここまで事件の詳細に
詳しいかといいますと
(もちろん窃盗団のボスではありませんよ! 😐 )

損害補償の交渉を含め警備会社の警備体制に
不信感を持った宝石店オーナーに
ショーウインドのガラスの強化と店舗の防犯カメラの設置
を依頼されたからです。

本日はここまでとします。
次回はこの事件をベースに警備会社のホームセキュリティの
メリット・デメリットをお話します。
最後までお読みいただきありがとうございます。

アルファセキュリティ株式会社
代表取締役 新井富美男

 

 

タグ:, , , , , ,

カテゴリー

その他ご要望に応じて対応いたします。
住まいのお悩みを何でもご相談ください。
お問い合わせ・お見積もり